〒134-0088
東京都江戸川区西葛西5-3-4

WEB予約

電話マーク

お電話

メニュー

腰痛の症状や原因とは?痛みを和らげる方法や予防方法を解説

/

腰痛

腰痛とは?

腰を押さえる女性腰痛とは、腰の痛みすべてを指します。
もっとも広く知られているのが、ぎっくり腰ではないでしょうか?
しかし、多くの方々が悩まされているのに、原因の特定には至っておりません。

腰痛には痛める場所が3つあり、筋肉靭帯関節になります。
慢性的な腰痛の多くは不良姿勢や動き出しに痛くなるものが多く、筋肉に微細な損傷が起きることで痛みが出るものが多いです。
また、ぎっくり腰を起こしたときに多いのが、靭帯や関節の痛みです。
腰の痛みを我慢していると椎間板のヘルニア脊柱管狭窄症など不可逆的な疾患になってしまう可能性もあります。
普段から運動ストレッチで予防に努めることが、腰痛の緩和、改善にはとても大切です。

腰痛になってしまう主な原因と
メカニズム

パソコンに前かがみになる女性腰痛を引き起こすメカニズムは、猫背などの不良姿勢を続けたことでインナーマッスルが衰えてしまったり、スムーズに使えなくなったために、腰から背中、お尻周りの筋肉が酸欠となって招いていると考えられます。
これといった原因に心当たりがなく、普段通りの生活を送っているのに痛めてしまった方は特に注意してください。

また、心因性の腰痛は自律神経の乱れから生じるもの、内科的な腰痛は、消化器系泌尿器系婦人科系の疾患が招いているものがあります。
器質的な原因で痛みが起きていると思われる方は、普段の生活を見直したり、よい姿勢の意識づけや運動を習慣化するようにして、腰痛リスクの軽減、痛みの改善に努めてください。

腰痛の痛みと主な症状

腰を押さえる女性腰痛と聞いて、皆さんが真っ先に頭に浮かぶのは「ぎっくり腰」と「慢性的な腰痛」だと思います。
このふたつは急性腰痛慢性腰痛に分類されます。

急性腰痛は、腰に激痛が走り、立てない、歩けない、動けないなど、日常生活にも支障をきたす痛みと、患部が熱を持って炎症症状が出ます。
受傷原因は、大きく分けて関節性筋肉性靭帯性が考えられます。
慢性的な腰痛の場合、長時間座っていたり、立ち仕事に従事している方が見舞われることが多いようです。
これも日常の生活動作が発端となって痛みを生じさせていますが、その原因として考えられるのが、筋力低下身体に染みついた悪い癖が徐々に腰に負担をかけてきたと言う事実です。

腰痛の対処法と注意点

腰を冷やす女性腰痛の対処法ですが、急性腰痛の場合、まずは安静です。
アイシングを行い患部の血流を弱めて、損傷部の炎症を抑えることが大切です。
また、急性腰痛を起こした時は、それまでの生活動作に問題がなかったか見直しましょう。

慢性腰痛では、日頃の運動習慣生活環境不良姿勢の改善が必要となります。
例えば、長時間座って仕事をしている中で徐々に痛みが増すような方は、座っている時の姿勢や座面の高さなどを検証して適切な状態に整えましょう。
長時間の着座姿勢に耐えられる筋力をつけることも必要です。
急性腰痛も慢性腰痛にも共通しているのが、インナーマッスルの低下による腰への負荷となるため、これを如何に軽減するかが重要です!

腰痛の施術法、即効性のある対処法

施術の様子当院で行っているおすすめの腰痛施術は、ハイボルト療法手技療法です。
はじめにハイボルトによる特殊な電気を使用して検査をします。
ハイボルトには炎症を抑える、神経の働きを良くする、筋肉を一過性に活性化する働きがあり、腰痛の原因究明にも役立ちます。
そして、ハイボルトから得られた結果を元に、手技療法にて原因と思われる筋肉にアプローチをかけて効率よく改善していきます。

施術と同時に痛みの原因を探り当て、腰痛を根本から改善することで、しっかりと完治へと導きます。
また、炎症を伴う急性の腰痛には、丁寧にアイシングを行い、サポートが必要であれば、テーピングコルセットなどを使用して適切な処置を実施します。

整体が向いている腰痛

施術の様子整体に向いている腰痛とは、不良姿勢から起きている腰痛日常生活で痛めてしまったもの慢性化した腰の痛みなどがあります。
長時間のデスクワークや、前傾姿勢を繰り返す職業の方に多い印象があります。

慢性的な腰痛は、筋肉が硬くなって痛みを起こしているような場合、マッサージなどで一時的に筋肉が緩むとラクに感じられますが、根本的な原因を改善しない限り、再発する可能性が極めて高いです。
骨盤が前後傾していないか、姿勢を維持する筋肉は十分に働いているのか、正しく身体を動かせているのかを解決することが大事になります。
なお、ぎっくり腰に対する整体やマッサージは、逆効果になる場合もありますので注意が必要です。

腰痛に関するQ&A

Q. 腰痛によく効くストレッチ方法は何ですか?
A. 緊張した筋肉をほぐすストレッチが有効的です。
筋肉の緊張が和らぎ、可動域が広がり、腰椎への負担を軽減できます。
「腸腰筋のストレッチ」や「脊柱起立筋のストレッチ」がおすすめです。区切り線


Q.
腰痛の原因は何ですか?
A. 腰痛の原因は様々ですが、最も一般的な原因としては、筋肉や靭帯の緊張、椎間板ヘルニア・坐骨神経痛・脊柱管狭窄症などが考えられます。
まず、身体の状態を確認し、根本原因を見極め、症状改善を図りますので、ぜひ一度ご来院ください。区切り線


Q.
腰痛になったのですがお風呂は入れますか?

A. 38~40度のぬるめのお湯をいれ、みぞおちぐらいまで浸かるようにしましょう。
おすすめの入浴時間は、20~30分程度です。区切り線


Q.
腰痛の改善には腹筋を鍛えればいいと聞いたのですが、本当ですか?
A. 改善の効果は期待できます。
腹筋が低下することで、姿勢不良になり、腰痛の原因になりえることがあります。
腹筋を鍛えることで、正しい姿勢になり、脊柱や関節への負荷を均等に分散し、腰部の安定性を向上させることができます。区切り線


Q.
ぎっくり腰を再発しないためにはどのようなことに気をつけて生活すればよいですか?
A. 「座り続ける時間を減らす」「お風呂で身体を温める」「普段から運動を行う」を意識して生活しましょう。区切り線


Q.
腰痛の施術を受けるときどのような服装で行けばよいですか?
A. 動きやすい服装でお越しいただければと思います。

著者 Writer

著者画像
金谷 臣史
生年月日:1991年7月3日
趣味:球技、スポーツ観戦
出身地:千葉県松戸市

患者さんへの一言:西葛西の健康のためにスタッフと力の限り努めていきます!

座右の銘:日々感謝

施術家としての思い:やりたいことをやれるまで出来る身体作りのお手伝いをさせていただきます!

施術へのこだわり:原因を追求して、正しい身体への改善!

【経歴】
2014年 帝京平成大学卒業
2014年〜2016年 亀有整骨院で勤務
2016年〜2018年 北千住中央整骨院で勤務
2018年〜 CMC西葛西整骨院で勤務

【資格】
2014年 柔道整復師免許取得

CMC西葛西整骨院

住所

〒134-0088
東京都江戸川区西葛西5-3-4

最寄駅

東京メトロ東西線
『西葛西駅』 北口から徒歩2分

駐車場

なし

9:00~12:00
15:30〜20:00
お電話でのお問い合わせ

03-5675-2410

 
WEB予約24時間受付
お電話アイコン

お電話

WEB予約アイコン

WEB予約

LINE公式アイコン

LINE公式

instagramアイコン

instagram

メニュー

BACK TO TOP