〒134-0088
東京都江戸川区西葛西5-3-4

ご予約

電話マーク

お電話

メニュー

画像内容説明テキスト

特殊固定具

重度の外傷には
特殊固定具を使用します

骨折、脱臼、重度の捻挫(Ⅱ度以上)は、
包帯やテープなどでは十分な固定ができないことが考えられます。
そこで使用されるのが「特殊固定具」です。

こちらのページでは患部をより強固に固定するための「特殊固定具」について詳しくまとめています。

目次

特殊固定具を使用する方に
よくある症状

  • 転倒して手をついた後、骨折が疑われる場合の応急処置
  • 突き指をした際の患部の固定
  • 段差を踏み外して捻った足首の固定
  • 転倒し脱臼した肩の整復後の固定

特殊固定具にはどのような種類が
あるのでしょうか

骨折や脱臼、重度の捻挫などのケガに関しては組織の回復を図るため、特殊固定具による固定が必要となります。

こちらでは、重度の外傷に使われる「特殊固定具」について詳しくご紹介していきます。
どのような固定具があるのか、ぜひ確認してみてください。

 

【プライトン】

プライトンは、ポリエステル製樹脂のギプス包帯です。
板状になったプライトンをお湯につけて柔らかくし、患部に当てます。
冷えて固まると、関節の形に合った固定具が完成します。

 

・プライトンが使われる主な部位、症状

プライトンは主に足関節手関節指(骨折、重度の捻挫)に使用されます。
下巻きの包帯の上にプライトンを当て、さらに包帯で患部を固定していきます。

 

【アルフェンス(アルミ副子)】

アルフェンスは、アルミニウム板で作られた固定具です。
肌に当たる箇所には、ポリウレタンフォームがついています。
アルミニウム板を患者さんの関節の形に合わせて作成します。

 

・アルフェンスが使われる主な部位、症状

アルフェンスは主に手指の骨折に使用されます。
アルフェンスを患部に当てて、包帯またはテーピングを使って固定します。

 

【厚紙副子】

厚紙副子は、ボール紙を使った固定具です。
患部の大きさに合わせてボール紙を切りとります。
水で濡らして柔らかくし、患部の形に合わせて作成します。

 

・厚紙副子が使われる主な部位、症状

厚紙副子は主に骨折脱臼重度の捻挫に使用されます。
(足関節、肩関節、手関節、前腕、上腕骨、鎖骨など)

厚紙副子を患部にあてて、包帯を巻いて固定します。

 

【キャストライト(ルナキャスト)】

キャストライトは水硬性樹脂、ガラス繊細を使用した固定具です。
水につけて柔らかくしたキャストライトを患部に巻いていきます。
乾燥して固まると、患部の形に合わせた固定具が完成します。

 

・キャストライトが使われる主な部位、症状

キャストライトは主に足関節膝関節手関節前腕の骨折重度の捻挫に使用されます。
下巻き包帯を巻いた上にキャストライトを当て、さらに包帯で巻くことで患部を固定します。

よくある質問

特殊固定具はどれくらいの期間使うのですか?

外傷の程度によって固定期間は変わってきます

特殊固定具は別料金になるのですか?

固定具の種類によって料金も変わってきます

特殊固定具は家では外してもいいのですか?

入浴時や固定を外すタイミングについては、当院でアドバイスさせていただきます

著者 Writer

著者画像
金谷 臣史
誕生日:1991年7月3日
出身地:千葉県松戸市
趣 味:球技、スポーツ観戦

患者さんへのコメント:
西葛西の健康の為にスタッフと力の限り努めていきます!

COLUMN

ぎっくり腰とは?ぎっくり腰の主な症状と対処法 画像

ぎっくり腰とは?ぎっくり腰の主な症状と対処法

今年はどんなGWになりますか? 画像

今年はどんなGWになりますか?

身近なもので健康に! 画像

身近なもので健康に!

新生活を迎える前に食生活 画像

新生活を迎える前に食生活

食で代謝を上げよう! 画像

食で代謝を上げよう!

今年も健康でいきましょう! 画像

今年も健康でいきましょう!

今年もラストスパート!! 画像

今年もラストスパート!!

今年も残り2か月!体調管理は栄養から 画像

今年も残り2か月!体調管理は栄養から

施術一覧

保険施術はスポーツ上でのケガ、日常生活でのケガなどが対象になります。
主に電気療法、温熱、寒冷療法、後療法、患部の処置を行います。

お身体の原因不明な痛みや、慢性的な痛みに対してのアプローチをご紹介しております。
身体の痛みは全身のバランス調整によって大きく改善できるものがあります。
ゆがみを整えて、身体本来の働きをさせ、痛みの改善を目指しましょう。

ハイボルトは高電圧の電気を深部まで到達させ、痛みの緩和や血流の促進を目指す電気機器です。
主に急性症状に対して使われ、検査などにも使用します。

当院では骨折、脱臼の応急処置、重度の捻挫に対して特殊固定具を使った固定を行っております。
従来の包帯だけの固定よりもしっかりと固定されるため、転移や再受傷のリスクを減らし、早期回復を目指していきます。

経穴へのアプローチでは東洋医学におけるツボに対してアプローチを行い、血流循環の促進、筋肉の回復を目指します。
持続して刺激を与える貼り物をして、刺激することもあります。

テーピングはケガの際にはもちろん、スポーツ時のパフォーマンスの向上や予防の目的にも使用します。
テーピングの種類は、固定に使うホワイトテープから運動時に使用するキネシオテープまであります。

骨格矯正は身体のゆがみやバランスが崩れ、さまざまな症状が出ている方に行うオプションメニューです。
背骨のゆがみやズレが原因となって起こる慢性的な痛みも、矯正することにより自律神経の働きを整えて改善を目指します。

筋膜リリースとは筋肉を覆う表面に刺激を入れることにより、筋肉と筋膜の働きを正常に戻すことで、血行促進させ組織の回復を手助けします。
また、筋や関節の可動の改善にも効果が期待できます。

【EHD】 EHDとは首、肩まわりの筋肉を緩め、リンパ沿いに刺激を入れていくことにより、首や肩周りの症状にアプローチする施術です。
頭痛や眼精疲労などに効果が期待できます。
【DPL】 DPLとは足裏から脹脛、膝裏にかけてクリームを使用しながらリンパ沿いに刺激を入れていく施術になります。
主に足のむくみや疲労感、冷え、慢性な腰痛に対して効果が期待できます。

カッピングでは透明なカップで皮膚を吸い上げることにより、血液が表面上に吸い上げられ、表面上の血流を促進する効果が期待できます。
主に肩や背中、下肢に使うことが多いです。

温熱療法は主にサーモフォア、マイクロ波を使って行います。
マイクロ波は身体の表面の皮膚だけでなく、筋肉にまでしっかりと熱が入り、血管を拡張させ血流を促進、症状の改善を目指します。

自律神経調整は主に花粉症や気圧低下による自律神経の調整など、時期ごとに起こりやすい症状に対してのアプローチを行います。

温活は高周波のEMSを使いながら、岩盤浴マットで身体を温めつつ行う、インナーマッスルに対するトレーニングです。
代謝や姿勢改善、インナー強化に効果が期待できます。
運動が苦手な方でも、寝ながらのトレーニングのため身体に負担が少なく行えます。

交通事故による打撲や骨折、むちうち症状に対して自賠責保険を使用し施術を行うことができます。
むちうち症状は次第に症状が現れ重くなってしまったり後遺症が残ってしまうこともあります。
事故に遭ってしまったら必ず適切な施術を行いましょう。

業務中や通勤中に負傷をしてしまった場合に、労災施術を行っております。保険会社とのやり取りや書類の書き方などご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

ABOUT US

CMC西葛西整骨院

9:00~12:00
15:00〜20:00
お電話でのお問い合わせ

03-5675-2410

 
ご予約24時間受付

アクセス情報

住所

〒134-0088
東京都江戸川区西葛西5-3-4

最寄駅

東京メトロ東西線
『西葛西駅』 北口から徒歩2分

駐車場

なし

お電話アイコン

お電話

WEB予約アイコン

WEB予約

LINE公式アイコン

LINE公式

instagramアイコン

instagram

メニュー

BACK TO TOP